4年ぶりの台湾!高雄&台北周遊旅 ⑫ [4日目] (絶品エビ麺にマンゴーかき氷、松山空港へ)

4年ぶりの台湾!高雄&台北周遊旅 ① [準備編]
4年ぶりの台湾!高雄&台北周遊旅 ② [1日目] (エバー航空で高雄へ)
4年ぶりの台湾!高雄&台北周遊旅 ③ [1日目] (MRTでホテルへ)
4年ぶりの台湾!高雄&台北周遊旅 ④ [1日目] (フェリーで旗津半島へ)
4年ぶりの台湾!高雄&台北周遊旅 ⑤ [2日目] (ホテル朝食、いざ高雄の街へ)
4年ぶりの台湾!高雄&台北周遊旅 ⑥ [2日目] (LRTに乗車、懐かしの絶品飯)
4年ぶりの台湾!高雄&台北周遊旅 ⑦ [2日目] (感動のウォーターフロント、高雄での年越し)
4年ぶりの台湾!高雄&台北周遊旅 ⑧ [3日目] (台湾伝統の朝食、高速鉄道で高雄→台北へ)
4年ぶりの台湾!高雄&台北周遊旅 ⑨ [3日目] (圧倒される中正紀念堂、ホテルにチェックイン)
4年ぶりの台湾!高雄&台北周遊旅 ⑩ [3日目] (台湾茶の世界、深まる台北の夜)
4年ぶりの台湾!高雄&台北周遊旅 ⑪ [4日目] (貸し切りツアーで朝の九份へ)

2024年01月02日(火)

朝の九份ツアー、無事に終了しました。

最後にドライバーさんに、ホテル近くでおススメの、台湾料理店を紹介して頂き、そこで下ろしてもらいました。
素晴らしいドライバーさんでした。
許さん、謝謝!

『両喜号』というお店。
これが今回の台湾での、最後の食事になります。

地元の方のおススメですから、ワクワクしますねぇ。

メニューには、日本語表記もあってありがたい限りです。

台湾では基本的に、このように注文票に記入して、店員さんに渡すシステムとなっています。
美味しそうなメニューばかりで、迷いそうにもなりましたが、ドライバーさんおススメのメニューにしました!

名前は忘れてしまいましたが、海老の団子が入った、とろみが特徴的なスープの麺です!

これが美味しくて、美味しくて!
感動しました!!

これは間違いなく、日本人好みの味ですよ。
ドライバーさんは、それを選んでくれたのかな?

スープまで、全部飲み干しました。
満足、満足!

さて、空港に向かおうか。
そう考えたのですが、その前にもう1つやりたいことが。

友人には休憩してもらっていて、ひとりで「西門町」駅へ。

西門は、10年前。
初めて台湾を訪れた際の、ホテルがあった地区なので、愛着があるのです。

以来、毎回必ず西門は訪れるんですよね。
もうそろそろ、地図を眺めずとも歩けるようになるかな?

西門は、台湾の原宿と言われるだけあって、いつ来ても若者でごった返しています。

ちなみに、私がお世話になったホテルは、この人がごった返した場所とは離れているのです。
どちらも、私の好きな西門です。

駅から徒歩8分。
『西門町芒菓冰』という、かき氷のお店にやって来ました!

実はこのお店・・・

6年前にも来ているんですよね。
そのときは、別の友人と来ました。

帰国前にマンゴーかき氷は、食べておきたいと思って、急遽やって来ました。
ホテル周辺にかき氷屋さんは無かったので、隣の西門まで範囲を広げ、それなら行ったことのある、このお店にしようとなったわけです。

ジャーン!
物凄い大きな、マンゴーかき氷!!

ポケトークで「1人前に出来ますか?」とお聞きしたら、出来ないようでした。
これは2~3人前ありますよね。
普通はシャアして食べるのでしょう。

少し苦しいながらも、美味しかったので、完食出来ました。

それから、まさかまさかの、6年前と同じ席に座れました。
何だか運命を感じた瞬間だったなぁ。

さあ、友人と合流。
ホテルで荷物を受け取り、松山空港へと向かいます。

7回目の台湾にして、初めての松山空港です。
桃園MRTが出来るまでは、市内にある松山空港が圧倒的に便利だったのですが、今はどちらでも問題無いですね。

「龍山寺」駅から板南線で、「忠孝復興」駅へ。

そこから始めて乗る、文湖線。
無人運転で、日本の”ゆりかもめ” のような電車ですね。

この路線に乗って、いつか終点の「動物園」駅まで乗車して、ロープウェイで猫空にも行きたいですね(ここも台湾茶の産地です)。

やはり先頭は人気ですよね。
先客がいらっしゃいました。

基本地下を走る他のMRTとは、全く異なる雰囲気の路線ですね。

だいぶ時間に余裕を持って、「松山機場」駅に到着しました。

これからチェックインして、帰国の途に着こうと思います。

4年ぶりの台湾!高雄&台北周遊旅 ⑬ [4日目&5日目] (ハプニングありの帰国、旅の総括)

コメント

タイトルとURLをコピーしました